仲介手数料

では、仲介業者が入った場合の、その手数料は一体どのようになっているのでしょうか。
仲介手数料は、法律で定められており、

(売買代金 × 0.03 + 60,000)×消費税1.08
の計算で算出した金額が、一依頼人から得られる限度額になります。

なお、実質、売り手・買い手の両者から上記が得られますのでこの2倍の額が一取引における最大値になるわけです。

(例) 3000万円の取引の場合 … 1,036,800円×2 = 2,073,600円
5000万円の取引の場合 … 1,684,800円×2 = 3,369,600円

また、【最大値】とは言っておりますが、ほとんどの場合は最大値上限いっぱいの仲介手数料を基準とすることが慣習になっています。