不動産購入の手段

皆さんは、不動産を購入しようと思い立った時、どんな手段を用いますか?

 ・町の不動産屋に足を運ぶ
 ・インターネットを用い不動産ポータルサイトから希望の物件を探し問い合わせる
 ・折込チラシの物件を見学に行く
 ・近隣で開かれている現地販売会に足を運ぶ

おそらく上記のいずれかの(またはそれに類する)手段なのではないかと思います。

どの方法が最善なのか。
実はこれらどの方法もほとんど変わりはありません。対局的に見ればすべて同じ方法であるとさえ言えます。

その理由は、上記は全て最終的に「不動産仲介業者」に行き着くためです。
町の不動産屋は当然仲介業者ですし、ポータルサイトに掲載しているのも仲介業者です。また、折込チラシも仲介業者が広告していますし、現地販売会のスタッフも仲介業者の担当者である場合がほとんどです。
仲介業者は、さまざまな営業手法を用いしのぎを削りあい集客を行っているため、いろいろなアプローチ方法が生まれているわけですね。

さらに、アプローチの違いにより行き着く「不動産仲介業者」は異なりますが、
実際のところ検討する物件そのものも同じである場合がほとんどです。
実は法律により全ての不動産業者は、販売中不動産の情報を共有することになっています。
(宅建業法により媒介を受けた物件を指定流通機構に登録する義務があります。)

売却依頼主から販売を委託された物件は、必ずデータベースに登録しなければなりません。このデータベースは不動産業者全てが、閲覧可能であり、ここから購入を検討する皆さんに紹介をしていきます。
つまりどの「不動産仲介業者」からも、結果的には同じ物件に行き着くと言えるのです。

当サイトに掲載する物件は、その名の通り全て「売主直販」の物件をそろえています。つまり「仲介業者」に行き着かない情報のみの取り扱いということです。その意味では、上記で挙げた不動産探索方法とは全く違った方法論を提供しているということになります。

是非とも「少しでもお得な」不動産探しを実践できるよう当サイトをお役立てください。